チーズとコーヒー

主に宝塚歌劇、時々読んだ本

宝塚への熱、少しぬるくなる

11月19日に朝夏まなとさんが宝塚を卒業されてもうすぐ一週間。

 

ライブビューイングで東京公演千秋楽をみた。

サヨナラショーが楽しくて仕方なかった。

あまり湿っぽくなくて、清々しさを感じさせるラストデイだったように思う。

そして華雪りらさんは星組へ行ってしまった・・・

 

朝夏さんの退団が、自分の中での一区切りになったのか、宝塚に対する熱が少しぬるくなったように感じる。

あくまで自分比ですが、ひんやりと冷めたというほどではないけど、以前ほどの熱さはない。

そのためか、これまで買い集めた歌劇やグラフ、レビュー本等を手放そうかという心持になっている。そんなに読み返さないだろうし、なければないで別に困らないし、どうしても読みたくなったらまた買えばいいだろうし。

スチール写真やポストカードは眺めるのが好きだからまだ取っておく。

 

ぬるくなったなんて言っているけれど、1月からの不滅の棘やひかりふる路、2月・3月のポーの一族を観劇すれば、たちまち戻るのかなあ。

 

観劇予定のない12月は、どうぶつの森でもやってのんびりしようか。

はいからさんが通る 千秋楽映像

はいからさんが通る千秋楽映像を拝見。

とても楽しそうで、観に行けなかったことが悔やまれます…DVDも出ないような噂で…

そして何より驚いたのが柚香さん!
なんだ!なんだ!声が変わったというか、低くなったのでは?聞き取りやすくなったような。
何気ない「ああ」の言い方が、大変かっこよいなあと思いました。
演技も、落ち着いたというか、安定感があるように映像を見た限りでは感じました。相手役の華さんを愛しんでいる感じが伝わってきます。

華優希さん、なんてかわいい娘さんなんでしょう!思わず観劇してもいないのにブロマイド買ってしまいました。

ポーの一族で柚香さん、華優希さんを拝見するのが今から楽しみです。

お財布選び

宙組東京公演がとうとう始まりました。

観劇は11月のため、もう少々お預けです。

 

先日あれこれほしいものがあったため、無印良品へ。

店内をまわっているうちに理想的な形、薄さのお財布を発見。

www.muji.net

 

形、薄さは申し分ない。しかし、気に入る色がない・・・

ということで、ネットでこれに近いものを探すことに。

 

そしてたどり着いたのがJOGGOというサイトでした。

joggo.me

これなら好きな色にできる!

まだ何色にするか決めてないのですが、自分好みで作れるなんて楽しいですね。

 

ちなみに、無印良品でスケジュール帳を購入しました。

手帳を買って最初にすることといえば、宝塚の来年のスケジュールを書き込むことです。

来年はどれくらい観劇できるかな。

広告を非表示にする

宝塚のチケットと転売

このようなニュースを見かけたので取り上げてみました。

headlines.yahoo.co.jp

 

公式でも転売はダメです、とアナウンスされているけれどあまり本腰を入れて対策しているようには思えない中でのニュース。

ぜひとも取り締まりを強化してほしい・・・

はいからさんが通る」なんて某チケット取引サイトで安くて16000円台という転売目的としか思えない値段です。だったらDVD買うわ・・・

 

大劇場前でも普通にチケット持って立っている人見かけるし、劇団側はチケットがはければ別にいいんですかね。

第3希望が通ることもある

はいからさんが通るは残念ながらチケット取れず、なんだかよく分からないけれどやたら眠いし疲れていたある平日。

 

もうこんなときはハーゲンダッツのバニラでも食べようと思い、ああやっぱりおいしいなと思いながらメールをチェックしていたら雪組東京公演の抽選結果が来ていました。

 

いつも通り残念ながらご用意できませんでしたなんでしょう~とメールを見たら、第3希望の日程が当選とのこと。

第3希望の日程でとれることもあるのだなあ。

1月は雪組観劇という予定ができて楽しみです。

 

そういえば、朝夏まなとさんのメモリアルブックの表紙がとても素敵・・・!

見た瞬間、ひゃあー!ってなります。

メモリアルブックというものを購入したことないけれど、今回は気になる。

琥珀色の雨にぬれて/"D"ramatic S!  印象に残ったこと

雪組公演「琥珀色の雨にぬれて/"D"ramatic S!」で印象に残ったことや方々。

 

・真彩希帆さん

 「幕末太陽傳/Dramatic "S"!」を観劇したときには、歌がお上手なのだなと思いましたが、望海風斗さんとの歌の相性のよさは想像以上!望海さんに声量が負けることなく、しっかりきれいな歌声が聞こえます。絵画の女の歌が絶品。

 

・陽向春輝さん

 お芝居でも何かと目をひきました。ショーではロケットボーイとして大活躍。全力、元気、笑顔!という感じで、見ているこちらが応援したくなるような方でした。99期なんですね。

 

・羽織夕夏さん

 お芝居やショーで主に歌で活躍されてました。エトワールもしていたかな。なんとなくですが、妃海風さんを思い出す娘役さんだと思いました。

 

・客席のマナー

 地方公演なので観劇前に前のめりになると迷惑です~というアナウンスはないためか、やや気になりました・・・。あと、客席降りで自分の席を立ってまで握手を求めに行ったり、プレゼント渡したりというのはよいのかな・・・?と。パレードでは、うちわをふっていたり、ペンライトをふっている方もお見かけしました。うーん・・・・。

 

全く関係ないですが、月組ミュージックパフォーマンスのポスターが素敵ですね。

お月様からお迎えにきてくれたのでしょうか。セーラームーンっぽい・・・

神々の土地 1・2回目

朝夏まなとさんの退団公演「神々の土地/クラシカルビジュー」を2回ほど観劇しました。

 

神々の土地は上田久美子さんらしい美しい非日常。

コンスタンチンがお気に入りです。

 

伶美うららさん

 宙組を観るときに楽しみにしていた娘役さん。

 今回も美しかった。ドレス姿の背中のアクセサリーが素敵でした。

 雪原で朝夏さんと踊りだす場面、ほほえましいのですがケープを脱いで寒くないのかしら・・・なんて思ったり。

 

・澄輝さやとさん

 今回一番ときめいた方です。

 育ちのよさ、優しさあふれる軍人コンスタンチン。

 「彼女を侮辱するな」というセリフが印象に残りました。

 コンスタンチンの放った銃弾が思わぬことになってしまう場面では、がびーんとなり泣きそうになりました。

 

・愛月ひかるさん

 怪僧ラスプーチン。オーケストラボックスからずるずると登場するのですが、怖い。

 目がいっちゃっている・・・すごい・・・!

 ドミトリー(朝夏さん)が何度も銃で撃ったり、剣で刺したりするのですが、なかなか倒れない。恐ろしい・・・

 

他にも専科かと思わせるようなイワン(風馬翔さん)の演技がうまいなあと思ったり、アレクセイ(花菱りずさん)の少年っぽさがお上手であるなあと思ったり。

 

やはり上田久美子さんの作品は面白い。