チーズとコーヒー

主に宝塚歌劇、時々読んだ本

観劇予定を立てる

4月です!今月は雪組全国ツアーの観劇を控えており今から楽しみです!

 

雪組終わったら何も観劇予定がないという生活は辛いため、急遽大劇場遠征を計画。

 

6月の雪組公演凱旋門と7月の花組公演メサイア

雪組公演はショーが楽しみ。花組公演もショーに期待!

メサイアの先行画像見て和風V系バンドを連想した…

どちらもチケットは取れたので、交通手段・宿泊先の確保をしないと。

どちらももう1回分くらいチケットを足したいなあ。

宝塚アンの通販を利用する

宝塚アンのネット通販を利用して雪組公演「ひかりふる路」のブルーレイを購入!

何度でもひかりふる路が見られる生活は快適です。

そしてSUPER VOYAGERも好きな場面を好きなだけ見られる。

プロローグと暴風雪ばかりリピートしています。

 

何度も見ているうちに縣千さんに加えて星加梨杏さん、叶ゆうりさん、眞ノ宮るいさんあたりが気になりだしました。

 

宝塚アンでは購入すると、粗品として歌劇や宝塚グラフがついてくるようで、今回は望海さんと彩風さん表紙のグラフが入っていました。持っていないものだったのでよかった!

宝塚友の会やスカイステージに入ってみる

当たらないと評判の宝塚友の会。

1回くらい入ってみるかと思い、申込みました。

火曜日の朝にウェブ申込みして、月曜日に簡易書留で受け取り。

土曜日に届いてたいたのに不在で、残念ながら、水美さんのバウホールには申し込めず…。

まだ何の公演にもエントリーしてないので実際の当選確率は分かりません。

エントリーするとしても花組雪組の公演くらいしかないかなあ。

 

スカイステージは、4月のはいからさんが通る見たさに4月から加入。

5月まで契約して、あとは解約するかな。

録画しているとすぐに容量いっぱいになるし、時間も限られているので厳選して見たいと思います。

再び、花組公演 ポーの一族

再び、ポーの一族を観劇してきました。

 

今回は、2階S席センターのため、前回のA席と違い明日海さんの青い瞳までよく見える!やはりS席というだけあって見やすいものです。

 

今回やたら亜連冬馬さんが目をひきました。

見て!とアピールしてくるように感じられます。

ロケットでもセンターなのでついつい見てしまいます。

髪型がパーマなので見つけやすいというのもあるかな?

 

明日海さんは、やはり美しく、この世ならざるものでありました。

で、最後の最後、パレードで明日海さん、頬に口紅がついてた…?

オペラグラスが汚れてたの…?

 

ポーの一族はこれでおしまい。

お次は雪組全国ツアー!楽しみ!

4月のスカイステージ

4月のスカイステージのラインナップが出ました。

 

はいからさんが通るが放送だそうで、朝からテンションがあがる!

残念ながら観にけなかったこの公演、みたい!

4月だけスカイステージに加入しようかなあ・・

他にも、Brilliant Dreams #125「朝美絢」~personal~があるし、グランドホテルやPHOENIX 宝塚!! もみたいし。

 

見たいときだけ加入して、あとは抜けるというのもひとつの選択として頭に入れておこう。

花組公演 ポーの一族

先日、花組公演「ポーの一族」を観劇。

 

邪馬台国の風以来の花組の観劇なので半年ぶりくらいかな。

やはり明日海さんの姿を見ると、その美しさに感動するのか泣きそうになる。

銀橋で白い衣装着てライトを浴びながら歌っている姿を見ると、明日海さんが白く発光しているように見えて本当に現実にいるのかな、なんて思えてくる・・・

 

原作の漫画を1巻だけ読んで臨みましたが、ストーリーを楽しむというよりはビジュアルを楽しむような感覚でした。

 

印象に残った方を述べますと、華優希さんと帆純まひろさん。

リーベル役の華さんは、けっこう好きなお顔で、あーかわいいー!と叫びたくなります。原作に思い入れがないので、メリーベルという役の演じ方はどうなのかわかりませんが、とにかく見ていて幸せになります。

 

帆純さんは、邪馬台国の風のときにもいいなあと思いましたが、今回は市場の場面で見事なバトントワリングを披露!目立ちます!横顔がきれい・・・!

 

印象に残った場面というか好きな場面は、フィナーレの男役さんのダンスかな。

お芝居はわりと落ち着いてみていられるのですが、この場面になると体温が上がります。みたい人が多すぎてオペラグラスが定まりません。

 

しかし、花組公演が始まったというのに、またひかりふる路が見たいと思ってしまうほど、ひかりふる路に心がとらわれている・・・。ディスクを買ってしまおうかしら・・・

宝塚への熱、少しぬるくなる

11月19日に朝夏まなとさんが宝塚を卒業されてもうすぐ一週間。

 

ライブビューイングで東京公演千秋楽をみた。

サヨナラショーが楽しくて仕方なかった。

あまり湿っぽくなくて、清々しさを感じさせるラストデイだったように思う。

そして華雪りらさんは星組へ行ってしまった・・・

 

朝夏さんの退団が、自分の中での一区切りになったのか、宝塚に対する熱が少しぬるくなったように感じる。

あくまで自分比ですが、ひんやりと冷めたというほどではないけど、以前ほどの熱さはない。

そのためか、これまで買い集めた歌劇やグラフ、レビュー本等を手放そうかという心持になっている。そんなに読み返さないだろうし、なければないで別に困らないし、どうしても読みたくなったらまた買えばいいだろうし。

スチール写真やポストカードは眺めるのが好きだからまだ取っておく。

 

ぬるくなったなんて言っているけれど、1月からの不滅の棘やひかりふる路、2月・3月のポーの一族を観劇すれば、たちまち戻るのかなあ。

 

観劇予定のない12月は、どうぶつの森でもやってのんびりしようか。