チーズとコーヒー

主に宝塚歌劇、時々読んだ本

休日の朝食をのんびり外食する楽しさ

週末に朝食を食べることを目的としてまちへ行ってきました。

いわゆるモーニングです。

朝ごはんを食べるためだけに、まちへ行くって初めてでしたが、なかなか楽しいものでした。

 

まず、朝ごはんの準備・片付けをしなくてよいというのがいいですね。

食べるためのあれこれから解放されてラクチンです。

 

朝からまちへ行くため、一日の活動時間が長くなるのもいいです。

今回は9時ごろに行ったのですが、のんびり一時間かけて食べれば10時になります。

お店が開く時間とともに行動できるので、一日の活動時間が長くなります。

また、朝ごはんを遅めにとるので、お昼になってもあまり空腹になりません。

混み合うお昼に、お腹を空かせて行列に並んで待たされてということで時間を使わずにすみます。

 

価格が手ごろで、自分では作らないような朝ごはんが食べられるのもいい。

今回はサラダ、ソーセージ、スクランブルエッグ、バケット薄切り1枚、ケークサレ1切れ、コーヒーというメニューで600円ほど。

おうちでケークサレやとろりとしたスクランブルエッグ、ソーセージなんて食べないから、見るだけでもわくわくします。そしておいしい。

 

モーニングという非日常が、わたしにとってはけっこう楽しいので、また行こうと思います。