チーズとコーヒー

主に宝塚歌劇、時々読んだ本

神々の土地 稽古場キャストボイス

これまであまり稽古場キャストボイスというものを気にしたことがありませんでした。

しかし、すでに観劇が決定している公演だと、自然と気になるもの。

 

神々の土地は、大劇場で観劇する予定なので稽古場キャストボイスを読んでは、どんな仕上がりになるのだろうとわくわくします。

 

7月20日更新の愛月ひかるさんの「ラスプーチンとして鮮烈な最期を迎えられるよう」ということばが気になります。どうなるのでしょう。

 

稽古場キャストボイス、今後も注目です。