チーズとコーヒー

主に宝塚歌劇、時々読んだ本

宝塚への熱、少しぬるくなる

11月19日に朝夏まなとさんが宝塚を卒業されてもうすぐ一週間。

 

ライブビューイングで東京公演千秋楽をみた。

サヨナラショーが楽しくて仕方なかった。

あまり湿っぽくなくて、清々しさを感じさせるラストデイだったように思う。

そして華雪りらさんは星組へ行ってしまった・・・

 

朝夏さんの退団が、自分の中での一区切りになったのか、宝塚に対する熱が少しぬるくなったように感じる。

あくまで自分比ですが、ひんやりと冷めたというほどではないけど、以前ほどの熱さはない。

そのためか、これまで買い集めた歌劇やグラフ、レビュー本等を手放そうかという心持になっている。そんなに読み返さないだろうし、なければないで別に困らないし、どうしても読みたくなったらまた買えばいいだろうし。

スチール写真やポストカードは眺めるのが好きだからまだ取っておく。

 

ぬるくなったなんて言っているけれど、1月からの不滅の棘やひかりふる路、2月・3月のポーの一族を観劇すれば、たちまち戻るのかなあ。

 

観劇予定のない12月は、どうぶつの森でもやってのんびりしようか。